2005年03月16日

暇なので

はい、お久しぶりです。
帰省したために2週間GVから離れていたルイサイファです。
こんばんわ。

2週間離れていたため、ここの更新もなかったので今回はだらーだらと気になった情報を欠いていこうと思う。
しかし、伝聞情報が多いので鵜呑みはしないでいただきたい!
間違っても責任は取りません。
情報の取拾選択は各自で判断してください(むせきにーん)

さて、行こう。
転生パッチから防衛が有利になったといろいろな所で騒がれている。
Thorは2時間完全防衛っていうのは多分それほど多くはないと思われるが、他のサーバーでは完全防衛が二桁とか珍しくないというのが現状である。
その他にも放棄された砦を制圧→遅延防衛などが多いと思われるのでやはり防衛が有利なのだろう。

少し例を挙げるなら先々週のGVでの話らしいのだが、40人程度のMM同盟(METAL MOON、-Reincarnation-、V)太吉などの臨時同盟(拒セ吉、Nuclear Blast、通称雪割、Force of Nature)の70名前後を追い返したらしい。
V3砦という堅牢な砦を考慮に入れてもこれはすごいことである。
防衛側がきちんと考え同盟全体の統制が取れていたためだと考えられるが、魔法などのオブジェクトがきちんと出て攻め側の回復剤が出ないとなるとやはり攻め側はつらいか。

私は攻城戦は防衛が有利でいいじゃない!と思っているのだがそれはあくまでも対等の立場で考えないといけないだろう。
私は転生パッチ後は防衛した方が多くて回復剤が出ない!という事にあまり遭遇したことがないが、Thorの人々も別サーバーの人も言ってるのでひどいものだろう。
ここが修正されれば面白いGVGになりそうだが、他のサーバーは攻めても無駄・・・というムードが漂っているらしくこれでは全然面白くないのだろう。

今までの攻めはVIT職集めてそら突っ込めー!って感じの攻撃が多かっただろう。
私も恥ずかしながらそういう考えだったし、それでも結構やっていけた。
Thorだけかもしれないが、鎧はアンフロでも結構進めたしアンフロで無理!と感じたのは昔のNBM同盟(Nuclear Blast、Bloody Mary)の防衛など少ししか覚えていない。
それはMDEF装備に恵まれ、HPが多い剣士系ジョブを私がやっているからかもしれないが、その程度の考えでもやっていけていた。

だが今はそんな考えでは無理だろう。
騎士のHPでも今の大魔法地帯の密度はつらいし他の職はさらにきついであろう。
攻め側も今からはいろいろと試行錯誤を繰り返す必要があるだろう。
今でもWP防衛が主流であるから、その前の事前準備が必要である。

転生パッチとともに既存スキルの変更も来た事は皆さんも知っていると思うが、その中に演奏20秒ルールがある。
これは単独演奏スキル(例えばイドゥンの林檎や私を忘れないで等)はその演奏範囲外に出ても20秒間演奏の効果が続くということである。
これにより防衛ポイントの前にHPを増やしたり、スキルディレイをなくしたりなど様々な効果を得ることができる。
まー・・・防衛側も同じ条件ではあるが・・・。
ここで注意してほしいことが単独演奏だけで協奏スキルは違うということである。
ここを結構間違って覚えているので注意である。
これがもし適用されるならロキの叫びとか鬼である・・・。
また、もう一つ注意することがある。
20秒持続するのだが、これは演奏範囲から出てから20秒持続でありまた演奏範囲に入りなおしても上書きされることはないということである。
つまり、範囲から出てきちんと20秒たった後に演奏範囲に入っていればまた出たときに20秒効果が続くのである。
入っては出て5秒後に入ったからまたそこから20秒持続!というわけではなさそうである。
よってWPに突っ込むときは本当に突っ込む直前に範囲から出ないとこの効果をフルに利用することはできない。


これに加え、後は属性鎧だろう。
以前より大切ではあったが、魔法密度が格段と上がった現状ではさらに重要な位置を占めている。
いろいろな属性鎧があるが、私は大魔法地帯ではアクアを用いると思う。
隕石が恐ろしく降ってくるためイフリートが一番MSにはあっているのだが水属性が弱点なのでSGが恐ろしく痛い。
アクアは風属性に弱いため単体魔法JTやLOVは痛いが、MSもSGも軽減するのでこれが一番じゃないかなと私は考えている。
肩装備もいろいろとあるのだが、私はジャックCで火属性をさらに20%軽減している。
無難にぼろマントでもいいと思うが。

今までは個人で気をつけることか。


攻め側の戦術としては兵糧攻めであろう。
防衛側はERなどに引きこもっているので封鎖をきっちり行い、徐々に戦力、物資を枯渇させることだろう。
一気に防衛陣を瓦解させることも楽しいのだが、徐々に戦力が減っていき阿修羅などによりSP回復剤がなくなっていくことで防衛側が焦るのを見るのも快感である。
私のギルドのマスターもギルドのHPに書いていたのだが防衛側のほうが精神的消耗は激しいだろう。
一発奥義(ランドプロテクターや献身SGなど)決められると一気に瓦解されるし、徐々に削られることもつらい。
攻め側は突っ込んで無様に死にながらプレッシャーを与え続ければいい。
運良く進めて阿修羅でももらえばSP剤は減るし、さらに進んでWIZ地帯まで行ければ防衛側への精神的ダメージUPである。
シロポなどの回復剤が攻めにはかかるけどね・・・。
攻め側は簡単に補充できるし、精神的にはずっと楽である。
こういう駆け引きが一番楽しいのであるがね。

追記
ランドプロテクターだが、独奏スキルの上に出すとその独奏スキルが切れるまでLPの効果は出ないそうだ。
例えば、ロキの叫びなどの協奏スキルは出ても大丈夫だが、私を忘れないでがLP上にあると大魔法は降り続けるらしい。
その間に防衛セージがLP張り替えて乙って感じになるやもしれん。
使い勝手が難しいスキルですな。
しかし張らなきゃ攻めの起点にもならないわけで
それだけ防衛も必死、攻めも必死

では、また


posted by ルイサイファ at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。